2017年10月期・日本のドラマ動画サイト

日本の2017年10月期ドラマのYoutube動画を掲載しています。

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~

なぜ今? 篠原涼子、アイドル黒歴史や家庭の話を解禁したウラの理由

投稿日:

篠原涼子に異変が起きている。過去のアイドル時代について触れたり、夫・市村正親との夫婦生活や育児について自ら語りだしたのだ。  「1日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、彼女はデビュー当時在籍していたアイドルグループ『東京パフォーマンスドール』という名称を自ら挙げながら、当時は“出待ち”するファンがいたが、今は舞台などを行ってもそこまでのファンはいないと発言。さらにドラマ撮影時は、早朝出かける前に、家族のためにシチューやスープ、ポトフといった簡単な料理を作ったり、子どもを送り出すといった話もしていました」(芸能ライター)  同番組では、夫とのやり取りについても言及。13年ぶりの舞台出演に際し、市村にアドバイスを求めるも、「それは自分のやり方でやって。俺は何も言わない」と突き放されショックを受けたと話していた。  夫の市村のほうはこれまでも、私生活についてバラエティ番組で言及することはあったが、篠原が「解禁」した理由とは?  「『anego』や『ハケンの品格』(以上日本テレビ系)、『アンフェア』(フジテレビ系)といったヒット作に恵まれてきた彼女ですが、ここ数年はそこまでふるわない。2015年の『オトナ女子』(フジテレビ系)は平均視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、去年の月9初出演作『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』に至っては平均6.7%。そこで、家庭の話をしたり、過去の経歴に寛容なところを見せることでイメージチェンジを図っているのでは」(同)  ちなみに、今年の彼女は、映画『北の桜守』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、初主演舞台『アンナ・クリスティ』と、テレビとは少し距離を置いている印象があるが、まさかもう連ドラには出ないわけではないだろう。果たしてこうしたイメチェンは、今後のドラマ出演に好影響をもたらすのだろうか。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼくは麻理のなか挿入歌音楽曲

『ぼくは麻理のなか』(ぼくはまりのなか)は、押見修造による日本の漫画作品。2017年3月31日、実写ドラマがインターネット配信され、同年10月17日から関東地上波でも放送開始予定。登場人物:小森 功( …

フジテレビ「月9」、長澤まさみでも低迷脱せず 「コンフィデンスマンJP」の初回視聴率2桁届かず

フジテレビ「月9」、長澤まさみでも低迷脱せず 「コンフィデンスマンJP」の初回視聴率2桁届かず フジテレビが低迷する「月9」ドラマの救世主として、人気女優・長澤まさみ(30)を主演に据え、満を持して9 …

月9「民衆の敵」は高橋一生の扱い方を間違えた?

月9「民衆の敵」は高橋一生の扱い方を間違えた?

民衆の敵part2

民衆の敵の動画を作ってみました!

[テレビチャンネ] 民衆の敵~世の中、おかしくないですか! ~ 第10話 17.12.25