2017年10月期・日本のドラマ動画サイト

日本の2017年10月期ドラマのYoutube動画を掲載しています。

明日の約束

奥様もお姫様も篠原様も期待と違った/秋ドラマ評

投稿日:

奥様もお姫様も篠原様も期待と違った/秋ドラマ評
Thanks you verry much, like and sub video channel:https://goo.gl/kdAXKi
10月期の秋ドラマが出そろった。TBS水ドラ枠とフジテレビ日曜9時枠が消滅し、テレビ朝日はシリーズものが占拠。枠不足のせいか主演級を集めた「豪華メンバー集結」が多い。見せ場の配分で画面が渋滞する中、しっかり主人公に集中できている作品に見ごたえを感じる。「勝手にドラマ評」32弾。今回も単なるドラマおたくの立場から勝手な好みであれこれ言い、★をつけてみた(定期シリーズものは除く)。 ********** ◆「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ、月曜9時)篠原涼子/高橋一生/石田ゆり子 ★★☆☆☆ ドタバタと支離滅裂な感じは「セシルのもくろみ」と似ている。失業した中卒主婦が議員報酬目当てで市会議員になる、という無節操なプロットはコメディー向きだったのに、ネットで調べたような雑な格差語りが長いのと「しあわせになろうね!」という無味無臭のスローガンでジャンル不明に。今や大女優シフトを敷く篠原涼子に「庶民」をやっていただく発想が古い気がする。むしろ「民衆の敵」側に回って、身勝手に突き進んでいたら結果的に庶民のためになっていた、みたいなロジックの方が痛快だったのでは。「わが子にステーキを」なんて涙ぐんでいないで、せめて「このハゲーー!!」くらい言わせないと、リアル政界の喜劇性にかすんでしまう。 ◆「明日の約束」(フジテレビ、火曜9時)井上真央/及川光博/仲間由紀恵 ★★★★☆ 誰が吉岡君を殺したのか。高1男子の不可解な死にスクールカウンセラーが迫る。いじめ、過干渉な毒親という平成ドラマの2大要素がどす黒いグラデーションとなり、実は主人公自身も毒親支配で病んでいるイヤミス設定。学校という閉鎖社会、家庭というブラックボックスのグロテスクを丁寧に引きずり出しているので、マスコミ襲来、毒親の反撃などの展開に興味が沸く。井上真央が母親(手塚理美)としてきた交換日記「明日の約束」が怖い。毒親役の仲間由紀恵もホラーで安定。作品がゲテモノの一線を越えないのは、吉岡君を演じた遠藤健慎の力。ガラスの10代の複雑さ、透明感を一身に背負い、いなくなった後も作品の格調と世界観を支えている。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-明日の約束

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5分でわかる『明日の約束』ダイジェスト PR

井上真央演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の不可解な死の謎の原因を究明するヒューマン・ミステリー『明日の約束』。11月21日(火)よる9時放送の第6話に向けこ …

【井上真央】松本潤が引退のアレを明日の約束で…

★チャンネル登録してね♪ https://www.youtube.com/channel/UC2ZEQa20KW5_uI5JQyoLjPA/videos?disable_polymer=1 ★オススメ …

井上真央「明日の約束」の視聴率がジャンプアップした理由

「怖すぎる」「毒母が強烈すぎ!」「これはホラーだ」など、ネガティブな批評が飛び交った井上真央の主演ドラマ「明日の約束」(フジテレビ系)。それでも「怖いもの見たさ」で食らいつき、どんどん物語に引き込まれ …

「明日の約束」最終話予告60秒

巷で様々な臆測が飛び交った圭吾(遠藤健慎)の自殺。真相は誰にも分からず、クラスメイトや教師、残された家族は日常を取り戻せずにいた。 日向(井上真央)も、スクールカウンセラーとして心をケアする一方、死の …

5分でわかる『明日の約束』ダイジェスト PR

井上真央演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の不可解な死の謎の原因を究明するヒューマン・ミステリー『明日の約束』。12月5日(火)よる9時放送の第8話に向けこれ …